Q.1 I-20とは何ですか?どのようにして取得することができますか?

I-20 とは、認定された学校により発行される米国政府の公式書類です。F-1 または M-1 ビザを取得するために非移民学生となる予定の者が取得する必要があります。I-20 は受け入れの証明となるもので、SEVIS I-901 料金を支払い、ビザを申請する、または在留資格を変更する、米国に入国することを許可されるために必要な情報が含まれます。I-20 には、バーコードのすぐ右上側に、文字Nから始まり、その後9桁が続く学生の SEVIS 番号が記載されています。

Q.2 学生ビザはどのくらい前に申請するべきですか?

学生ビザの申請は、I-20が届き次第行うことをお勧めします。早期かつタイムリーにビザが発給されるよう申請はいつでも可能ですが、学生ビザはI-20に記載された開始日の120日以上前には発給されません。

注意: 面接の際には原則としてI-20を持参する必要がありますが、十分余裕を持って面接の予約をとることも重要です。I-20の入手予定日を参考に面接予約を しください。学校登録日までの期間が1ヶ月を切ってもI-20が届いていない場合は、I-20なしで面接を受けていただいて結構です。フォームは届き次第、大使館または領事館へ直接郵送 してください。

Q.3 ビザを受け取りました。いつ渡航すべきですか?

ビザの発行時期に限らず、I-20 に記載された就学開始日の30日前からのみ、米国に入国することができます。

Q.4 訪問者ビザで米国に滞在中に学校への入学を認められ、I-20を取得した場合、米国にいる間に在留資格を変更することはできますか?

はい、できます。 一般的に、非移民ビザで合法的に米国への入国が許可されており、非移民としての滞在資格が有効で条件に違反しておらず、資格を失うような行為を行っていない場合、非移民ビザを変更するための申請を行うことができます。詳細は、USCISのウェブサイト を参照してください。

Q.5 別の学校への I-20 を受け取った場合、どうなりますか?

面接予約を入れた後でI-20を受けとった場合、面接時に米国領事に新しいI-20について通知することができます。学生として最初の渡米前に学校を変え た場合には新しいビザが必要です。しかし、米国の学校に入学後、学校を変えた場合には、5カ月を超える期間米国を離れない限り、新しいビザを取得する必要 はありません。転校のために渡米する前に、学生相談係(student advisor)に連絡を取って、SEVISステータスが「イニシャル」または「アクティブ」になっていることを確認してください

Q.6 H-1Bで就労していましたが、F-1で大学に入学しました。学生ビザを申請するために、自分の国に帰らなくてはなりませんか?

いいえ。ビザは米国へ入国するために必要なものであり、もうすでに米国にいる場合は新しいビザを申請する必要はありません。滞在資格を変更する必要があるかはUSCIS に確認してください。 ただし、米国を出国し、再入国するためには学生ビザを申請する必要があります。

Q.7 F-1 の学生は米国内で就労することができますか?

Fビザを持っている全日制の学生は週20時間を越えない範囲で、校内の雇用を求めることができます。学生としての最初の1年の後、申請者はUSCISからの認可を受け、校外での雇用に応募することができます。詳細情報については、学生のカウンセラーにお問い合わせください。

Q.8 SEVIS システムとは何ですか?どのような影響がありますか?

学生・交流訪問者情報システム (SEVIS) プログラムは、新しい外国人留学生および交流訪問者の入学状況を確認することを学校および交流プログラムに求めるものです。学生ビザ申請者は、ビザの発行 前に SEVIS 料金を支払うことを求められます。申請者は支払いの証明として SEVIS I-901 料金の領収書を提示することが求められます。SEVIS ウェブサイトに詳細が記載されています。