US VISA LEGAL PRO のポリシー

我々がお引き受けするビザ申請においては、一度のFeeで申請中に例え何か問題が生じたとしても労働ビザ取得まで最大限の努力をします。結果が得られるまで決して諦めません。アメリカでの就労ビザ獲得の有無は、時にはクライアントの人生を左右させる重要なイベントです。我々は、そんな責任を常に持ち続けており、ご依頼頂いた際は必ず目的達成の結果が得られるまでお付き合いします。常にクライアントの目線に立って物事を考えます。

Visa スポンサー可能な求人企業情報掲載を開始しました。詳細はこちら をご覧下さい。

各種就労ビザ申請・取得

アメリカの各種就労ビザの申請・取得を行います。

グリーンカード申請・取得

労働ビザを取得された後は、アメリカの永住権の申請も可能です。
(現在、長期語学学校通学からの、グリーンカード取得は面接において難しい状況となっています。)

会社設立、許認可取得

アメリカで新規に起業、もしくは日本にある企業の米国支社を設立する際に必要となる手続きから、ビジネスに必要な許認可取得を行います。

アメリカの働けるビザの発給条件を
ご存知ですか?

アメリカの日系企業が、人手不足、日本人スタッフを補いたい!という要因では働けるアメリカビザは発給されません。

ビザの申請却下ではESTAの使用も不可能になってしまいます。

飲食企業の店長が、ビザの面接で「あなたは料理を作りますか?」と面接官に質問され「はい」と答えてビザを却下されたというケースも報告されています。

働けるビザの発給には様々な条件が必要になります。US VISA LEGAL PRO では、長年培ったノウハウを生かし、通常でしたら難しいケース (過去にビザを却下されているケースも含) でも多数のビザ獲得履歴があります。

まずは 無料相談 へご連絡を。

我々は弁護士事務所ではありません。
働けるビザ取得のプロフェッショナルです。

就労ビザは弁護士でないと申請できないという法律、規定はありません。また、弁護士になる為に通う、Law Schoolでは移民法は学びません。

移民法は全て独学で得る知識で、弁護士が申請したからといってアドバンテージはありません。

審査されるのは、申請内容におけるビジネス性と将来性です。ビジネス感覚を備えた申請書作成が必須です。
アメリカの法律事務所におけるサテライト企業として築き上げてきた実績、働けるビザの依頼に応えるのは「結果」が全てです。

*弁護士による申請をご希望の方は、当方提携弁護士をご紹介致します。

就労ビザに関する 無料相談 はこちらから。

Jビザ取得・スポンサー紹介からその後のステータス変更もサポート。

US VISA LEGAL PRO では、J1 ビザの取得から難しいと言われている J1からのステータスチェンジも、日本人スタッフを求めるスポンサー企業と結びつけ支援しています。

各社 Jビザ制度を有効に活用していますが、研修期間が終わった後での Jビザから、その他ビザへのステータスチェンジは難しい物となっています。

研修企業からは、将来 Jビザ以外の労働ビザをサポートする様な言葉で本人の仕事の士気を高めておきながら、研修期間が終わると特に何も対応せず本人は帰国しなければならない、といったケースを目の当たりにしてきています。

まずは 無料相談 へご連絡を。

これがアメリカのビジネスです。

  • アメリカ50州で異なる州法人の形態による州税法の違いや日本にはない「LLC」「S-Corp」という法人システムの活用。但し、日本居住者、日本企業は当該法人におけるメリットは得られないケースがありますのでご注意下さい。
  • 日本の様に簡単でない「FC企業造り」。毎年の監査報告義務に州毎の登録&許可申請。
  • Client間においてネットワークを構築し、アメリカにおけるスムーズなビジネス展開を応援。

無料相談 はこちらから。

オフィス・ミーティングルームからのLA

クライアント様の声

クライアント様の声 1

「Visaは面接が全て」と言われる中で、今まで色々な弁護士・代理人等に相談しましたが、親身になって相談してもらえる業者には巡り合えないでいました。そんな中、US VISA LEGAL PRO 様には、唯一親身になって相談して下さり、またVisaの面接練習までも数回対応して頂き、不安を一掃出来できました。無事 Visa 取得が叶い、感謝しています。


クライアント様の声 2

J-1 Visaで渡米した後、J-1 Visaの研修後、受入スポンサー企業が見つからず苦労していました。そんな中、US VISA LEGAL PRO 様に相談したところ、スポンサー企業探しから、スポンサー企業におけるサポート力の適正判断まで行って頂きました。無事アメリカで働く夢が叶いました。


クライアント様の声 3

Visa 却下にて、再申請は難しく誰も引き受け手がいない中で、通常料金のみで対応頂きました。慎重に申請書作成を進めて頂き2度目にして E2 Visa 取得が適いました。色々親身になって相談して下さりありがとうございました。